ホーム情報公開受賞者等一覧小島三郎記念技術賞 受賞者一覧のページです。


小島三郎記念技術賞 受賞者一覧

第51回 平成28年(2016)6月

氏名 所属機関(贈呈時)
大江 宏康 金沢大学附属病院検査部 副臨床検査技師長 保健学博士
業績:聴覚閾値推定装置、聴覚閾値推定方法及び聴覚閾値推定プログラムの開発
河原 明彦 久留米大学病院病理診断科・病理部 副技師長 医学博士
業績:細胞診における細胞遊離DNAおよび免疫染色を用いた新しいepidermal growth factor receptor(EGFR)遺伝子変異検出法の確立とその臨床応用
田中由美子 東海大学医学部付属病院臨床検査技術科 臨床検査技師
業績:造血器疾患の血液形態および造血幹細胞移植後の生着指標の開発研究
中村 竜也 神戸大学医学部附属病院検査部 副臨床検査技師長
兼 神戸大学医学部附属病院感染制御部 副部長 保健学博士
業績:各種βラクタマーゼ産生腸内細菌の疫学研究および薬剤感受性報告システムの開発
南木 融 筑波大学附属病院検査部 臨床検査技師長 医学博士
業績:カテコールアミンの合成・分泌に関する新しい知見の解明と遺伝子検査法を通じ診療貢献

このページのトップへ

第52回 平成29年(2017)6月

氏名 所属機関(贈呈時)
阿部 正樹 東京慈恵会医科大学附属第三病院中央検査部 技師長
業績:免疫学的分析法における非特異反応などの異常値の解析
長沢 光章 国際医療福祉大学成田保健医療学部医学検査学科 教授 医学博士
業績:薬剤耐性菌の疫学調査やLAMP法による16S rRNA methylase の検出開発と認定臨床微生物検査技師制度の構築
西山 宏幸 日本大学医学部附属板橋病院臨床検査部
兼 感染予防対策室専任臨床検査技師 保健学博士
業績:Moraxella catarrhalis の病原性に関する分子生物学的・遺伝学的解明と検査法の開発
松田 和之 信州大学医学部附属病院臨床検査部 副臨床検査技師長 医学博士
業績:遺伝子変異特異的定量PCR法の改良と微小残存病変(MRD)検査への応用

このページのトップへ

第53回 平成30年(2018)6月

氏名 所属機関(贈呈時)
伊藤  仁 東海大学医学部付属病院 病理検査技術科 科長 医学博士
業績:免疫染色の細胞診への応用と体腔液、乳腺における細胞診断基準の確立および細胞検査士教育への貢献
糸賀  栄 千葉大学医学部附属病院 検査部 副臨床検査技師長 医学博士
業績:習慣飲酒の発癌促進作用における個体差の原因解明、及び新規遺伝子関連検査法の開発
井本 真由美 近畿大学医学部附属病院 中央臨床検査部 科長補佐
業績:非特異反応の発生機序解析と試薬改良への貢献およびBJPの尿蛋白試験紙反応性の検証
蒲地 一成 国立感染症研究所 細菌第二部 室長 農学博士
業績:百日咳の感染実態解明と高精度遺伝子検査法の開発と実用化への貢献
松下  誠 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 教授 医学博士
業績:ALPと血液型との関連性の解明とALP活性や血清総蛋白質などの各種生化学検査法の開発とその普及

このページのトップへ


このページのトップへ